せっかく働くなら少しでもいい条件で働きましょう。

ドラッグストアで広告を見て

子供の頃、友達と薬屋さんごっこをして遊んだ記憶はありませんか。
クレヨンや色鉛筆を削って粉にして、正方形に切った紙にのせて、三角形に折ってその粉を包んだことはありませんか。
私の子供の頃からの憧れの職業は薬屋さんでした。
偶然近所のドラッグストアで薬剤師求人の広告を見て思い出しました。
そして、一生懸命勉強して薬剤師になったことも思い出しました。
null薬剤師になった時、この職業は一生続けると誓ったはずなのに、子育てで忙しくなったことや家族の都合で愛知に引越したことから、薬剤師という職業から離れることになったのです。
愛知での生活にも慣れてきて、子供も幼稚園に行くようになりました。
自由になる時間が少しできるようになったところで、薬剤師求人の広告が目に入ったのです。
幸いにも、また薬剤師として働くことができるようなり、忙しい日々を送っていますが、子供の頃からの憧れの職業である薬剤師に戻ることができて、毎日充実した日々を送ることができています。