せっかく働くなら少しでもいい条件で働きましょう。

薬剤師の再就職

薬科大学を卒業し、薬剤師として病院で働いていた人が結婚、そして妊娠を機に退職をしていくという事はよくある事です。
もちろん働き続ける環境が整っていれば、そのまま働き続けたいと思っている人も多いかと思いますが、病院勤務の薬剤師には当直という大きなハードルがあります。
この当直というものはもちろん病院で働いてる看護師も夜勤というものがありますので、同様の悩みを抱えている人も大勢います。

妊娠をした場合、夜勤などのローテーションから外してもらえるという事もありますし、もちろん産前産後には産休を取得することも可能です。

しかし産休が明けたら、他の職員の方と同様に夜勤をこなさなけばなりません、こうした状況では子育てを手伝ってくれる人がいなけば、あるいは子供を置いてまで仕事を続けたくない
という気持ちから退職をする薬剤師も大勢いるのです。

そして子育てがひと段落をすると再就職というものを考えます。

せっかく猛勉強をして薬科大学に入学をし、努力をし続けて卒業をし国家試験に合格をして得た薬剤師という資格です。
再就職をするのならこの資格を生かしたいという気持ちはだれが思う事です。

では薬剤師求人の中で、再就職に見合うような仕事はどれくらいあるのかといいますと、それは想像以上にたくさんあるのです。

その理由はもちろん薬剤師というのが特別な資格を得た職業だという事が大きな理由です。

薬剤師求人をしている職場は、個人病院、クリニックと言った決して規模は大きくはない病院はもちろんですし、調剤薬局、ドラッグストアなど、薬科大学の卒業生に負けず劣らずといった
数の職場があるのです。
そして有資格者という有利な立場からその仕事の時間なども自由に決められるという可能性も多々あるのです。
なぜなら薬剤師求人をだしている職場は「薬剤師」という有資格者をどうしても採用したいという気持ちがあるからです。

そしてもしかすると、不景気の現在では即戦力して使える人は、新卒の人よりも求人が多いかもしれません。

一度取得した薬剤師という資格は一生モノです。その資格を有意義に生かして、再就職を成しとげて頂きたいと思います。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>